釜中の魚と轍鮒の急

主に漢字勉強の復習用としてブログを使っています

復習92、今後について

R2-3試験問題より

 

①唯一人「暗窖」の底へ降りて行った

 

②長松「謖謖」として蒼烟を含む

 

③庭の北端に風霜を経た「樛木」が立つ

 

孔子顔回に「四勿」を説いて戒めとした

 

⑤今は「藐姑射」の山に住み処を占めたり

 

 

解答

 

 

あんこう

 

②しょくしょく

 

③きゅうぼく

 

④しぶつ

 

⑤ばくこや/はこや

 

 

 

色々と考えて改めて気づいたが、私は趣味の領域である漢検について難しく考え過ぎていた。

私にとっては好きなゲームやアニメに触れている時間が最も楽しく、漢字の勉強はその次くらいに楽しめる趣味である(漢字を勉強し始めた動機とはややずれるが、結果的に趣味の1つにはなった)。漢字は決して何よりも優先しなければならないことではない。それなのに、漢検本番前はゲームをしていることに罪悪感を抱いてしまうことすらあった。そこまで真剣にならなくても、趣味を楽しむという気持ちを忘れずに、緩く楽しく自分のペースで続けていけばそれで十分だった。

生半可な気持ちであることを受け入れて、生半可なら生半可なりにやっていこうと思う。

 

この機会に勉強の仕方から見直そうと思うので、これからまた記事の形式を変えたりするかもしれない。

 

【2月16日追記】

これまでほぼ毎日更新してきましたが、執筆に時間がかかるため、今までの形式で毎日更新するのをやめます。

形式に拘り過ぎて勉強自体が作業と化していた部分もあるので、もっと自由にやりやすいように勉強します。

これからこのブログは、勉強していて思ったことや気づいたこと、記事に残しておきたい勉強記録や息抜きなど、雑記として気が向いたときに更新していくことにします。

 

今まで弊ブログをご覧くださった方々、ありがとうございました。